ガラス容器について

ガラスは加熱すると徐々に軟化して液体となり、冷却すると固化します。

この変化が連続的に続いて、非結晶状態となるそうです。

分子構造は網目状でランダム構造だそうで、高温液状から低温になる過程で、成形しやすくなると言われています。これは粘性や体積が連続的に変化するからだそうです。

ガラス瓶はソーダ石灰ガラスが主体となっていると聞いたことがあります。

ガラス容器の特徴としては、透明で中身が確認できることがあるかと思います。

着色も自由に出来て、不透明なものや紫外線遮断という効果も可能だそうです。

成形しやすいということで、形状、大きさも自由に選択できるそうです。強度も強く、再封可能にすることもできるかと思います。

容器からの移り香もないですし、無臭です。香気成分の吸収もないそうです。

科学的耐久性や密封性があるかと思います。内容物を変質させないということで常温で長期保存が可能となるそうです。

原料が安価だそうです。また一貫製造のため容器コストも安く、大量生産に向いているそうです。

リターナブルやリサイクルができて、環境に負荷がかからないということもいえるようです。

ただ比重が大きく重いというのが短所といえるようです。

持ち運びにも力が必要ということと外部からの衝撃で割れるということも短所といえるようです。

金属に比べると光線透過性があるため、光線によって内容物が変化する場合もあるようです。

形状においてはビン形態に限られてしまい、プラスチックのように形状変化範囲が少ないそうです。

ガラス瓶は軽さを求めると割れやすくなってしまい、強度を強めると重いということになってしまうそうです。

ガラス瓶製造の基本原理は変わらないそうですが、積極的に技術開発は行われているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です