紙包装について

紙は薄いものを「紙」といい、厚いものは「板紙」というそうです。

紙の特徴としては、安い、安価ということがあるかと思います。

剛性もあり、適切な強さを求めることができるかと思います。

吸湿性、多孔構造性もあるそうです。

加工もしやすく無臭です。可燃性で生分解性もありますし、再生利用もできるかと思います。

短所としては、バリアがないということのようです。

水に弱く、熱封緘ができないそうです。

耐油性、耐薬品性もないそうです。

加工はしやすいものの、成形には限界があると言われています。

紙は、食物繊維、その他の繊維を絡み合わせて、膠着させて作ったものだそうです。

紙はパルプで作りますが、その昔は、みつまた、楮などの草木をつかったり麻を使用していたと言われています。

現在は木材を使用しているのがほとんどではないでしょうか。

木材の原木は、針葉樹と広葉樹のパルプが使われているそうです。

木材細胞は、セルロース、リグリンからなるそうです。

それらの細胞間層を化学的や熱処理で軟化または溶解して、パルプ化するそうです。

パルプは叩解を行い、抄紙機にて抄紙するそうです。

水分子は立体構造で、セルロールの分子と水分子で水素結合すると言われています。

そのために紙になると水に分解されにくくなるそうです。

しかし、パルプ繊維や抄紙のときに起因して特性が変化したりするそうです。

現在、紙は包装材料としてなくてはならないものだといえるようです。

包装に使われる薄い紙は、包装紙、クラフト紙として使用されるかと思います。

プラスチックなどと積層したものも多く、今後も包装紙としての増加が見込まれるかと思います。

厚い紙の板紙のほうはダンボール原紙や紙器用板紙として使用されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です