アクティブバリア包装

包装食品の品質が下がるのは、製造される工程途中や、保存されている間に酸素に触れてしまうことが最も大きな要因と言えるようです。包装されているものが劣化していく過程に重要な係わりあいを持つ酸素は、①内容物に含まれているもの、②充填した時、容器に紛れ込んでしまったもの、③製品を保存している最中に、少しずつ包装内に入ってきてしまうものといったものが考えられるでしょう。こういった要因を少なくするためには、酸素ガスを防いでくれる包装材料を用いることが最善策と言えるでしょう。内容物を充填した時、容器内に入ってきてしまう酸素を少なくする方法として、窒素ガスなどを利用したガス置換包装という技法が効果的かもしれません。プラスチック容器では、外部より酸素が入ってきてしまいますが、金属やガラス容器は酸素の侵入はほぼゼロと言えるでしょう。酸素吸収性の容器を用いれば、外部からの酸素侵入を抑えるだけでなく容器内の残存酸素をも吸収除去するので、初期の酸素濃度よりも容器内を低酸素にすることができ、この特性が、酸素吸収性容器の最大の特徴と言われています。脱酸素剤封入包装も、包装系に必要な酸素吸収能力をもつ脱酸素剤を使用し、適切なガスバリア性包材を選択すれば、酸素吸収性容器と同等の酸素吸収特性が得られます。現在、脱酸素剤封入包装は、菓子類、餅、米飯類、加工食品、調味料、晴好品、生鮮食品など広い範囲で適用されていますが、当技法は飲料やレトルト食品への適用は困難です。そこで、アクティブバリア包材を使用すれば、脱酸素剤を封入する作業が簡略化でき、飲料や液体食品・調味料、レトルト食品への適用へと拡大できる点で、脱酸素剤封入包装とは違ってきます。代表的なアクティブバリア容器では、容器外より内部に侵入する酸素が容器壁材料により吸収され、その結果、内部にまで透過する酸素が減少し、容器としての酸素バリア性が向上します。一方、容器内に残存している酸素が容器壁に吸収され、内部の酸素濃度が低くなります。酸素吸収剤では、酸素と化学的に反応して酸化物となる物質が使用されており、内容物の劣化も酸素との化学反応であり、一方酸素吸収性容器では内容品の酸素消費速度より、容器による酸素捕捉速度が速いことが重要となります。このような化学的方法による酸素吸収性容器では容器としての必要特性のほかに、①酸素捕捉速度が大きい②酸素捕捉可能量が大きい③酸素捕捉開始機構が付与可能といった条件が必要となります。酸素捕捉開始機構すなわちトリガーは、容器を使用する前の保管中における失活を防止するために重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です